保育士が正社員より派遣として働いた方が良い理由

保育士が正社員より派遣として働いた方が良い理由

保育士として働くには、保育園に直接雇ってもらう他に、派遣会社に登録して働くという方法もあります。保育園で働くことは同じですが、所属先が違うということですね。
派遣会社を通して働くと、何かメリットがあるのでしょうか。

保育士派遣なら勤務条件が多様に選べる

派遣会社に登録すると、自分の希望をまず伝えます。そして、その条件に近い職場を派遣会社が紹介してくれます。
自分で求人を探すこともできますが、1つ1つ個別に検討しないといけませんね。
派遣会社なら条件に合ういくつもの求人を提示してくれることもありますので、より条件に近い職場で働くことができます。面接などの予約も自分で調整する必要がありません。

保育士派遣ならパートやアルバイトよりも時給が高い

派遣で働くと時給制になります。保育園では、短時間のパートやアルバイトを雇っているところが多いですが、その人たちよりも高時給で働けます。
その代わり、パートやアルバイトの人よりも高い能力が求められています。

保育士派遣ならトラブルが起きた時に相談できる

保育中にトラブルが起きた時には派遣会社に相談できます。
一人では解決できないようなことでも、派遣会社が間に入ってくれるので心強いです。勤務条件に関することでも、直接保育園に言う必要がありません。

保育士派遣は契約期間が決まっている

これはメリットでもありデメリットにもなるでしょうか。
派遣は契約期間が決まっています。何度も更新されて同じ職場にいられることもありますが、短期間にいくつかの保育園に行くこともあります。雇用が不安定ではあります。
でも、職場の人間関係などで悩んでいたら、期間が終われば辞めて他の保育園に行くこともできるので、少しは気が楽でしょうか。これは派遣ならではのメリットですね。
また、自分の意志でいろいろな保育園で働くことができます。保育士としてたくさんの経験を積むことができます。

まとめ

最近はあえて派遣として保育園で働く人も増えています。直接雇用の正社員の方が安定はしていますが、派遣は勤務条件などで、より柔軟に働くことができます。また派遣なら完全時給制になるので、保育士の問題でもある残業とは全くの無縁。派遣社員には極力残業させないようにします。
特に妊娠、出産後に保育士として再就職を考えている人には人気があります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です