同僚に嫌われる保育士の特徴

同僚に嫌われる保育士の特徴

保育士は女性が多いです。保育園の職員は全員女性だということも、少なくないでしょう。
同性ばかりが集まると、好き嫌いがはっきり分かれることもありますよね。
同性に嫌われる保育士って、どんな人なのでしょうか?

後輩に意地悪をする

後輩ができると、先輩として保育のことを教える機会も多くなります。
その時に、わざと違うことを教えたり、伝えないといけないことを伝えなかったりして、後輩を失敗させるのです。
でも、みんなの前ではちゃんと指示をしたと言い、結局後輩が悪いということになります。でも、このようなことが続くと、意地悪に気づく保育士もでてきます。
子供が関わってくることなので、きちんと教えないといけませんね。こういう保育士は、暗黙の内にみんなから嫌われています。

先輩にだけ態度が違う

後輩や同期には冷たくて偉そうな態度をとっているくせに、先輩に対しては笑顔で対応する保育士もいます。
そういう態度は同性からは嫌われます。先輩に媚を売っていると思われます。
同期に対するライバル心が強く、同期よりも早く出世したいために園長や先輩に媚を売る保育士もいます。
あからさまにそういう態度をされると、よく思う人はいませんよね。

悪口を言う

噂話や人の悪口を言う人はどこにでもいますね。
保育士の場合は、職場の仲間のことはもちろん、子供や保護者に対して悪口を言う人もいます。
「あの子は全然言うことを聞かないから関わりたくない」「あの子のお母さんは、服装がいつも派手だ」「あのお母さんは馴れ馴れしい」など、様々です。
でもその保護者と話している時には、そんな態度はおくびにも出しません。
職員室に帰ると態度が急変する保育士もいます。そんな様子を見て、ひいてしまう人も多いでしょう。

まとめ

保育士は、人間関係が重要な仕事です。トラブルに発展しないためにも、できるだけ人に不快に思われないように仕事をしたいものですね。
自分が嫌われるような態度をとっていないか、一度振り返ってみることが大切です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です