保育士を目指すアラサー

仕事と育児と鮭の写真撮影

転職ノウハウ

認定こども園が直面した問題点と課題

投稿日:2016年3月10日 更新日:

認定こども園が直面した問題点と課題

認定こども園が、少しずつ増えてきました。まだ日が浅いので、認定こども園ってどんなところなの?と疑問に思う人もいますね。
認定こども園とは、保育園と幼稚園の機能を併せ持った園です。
保育園だけど幼児教育を受けられるし、幼稚園だけど長時間子供を預かってもらえます。特に働くお母さんには嬉しい園ではないでしょうか。
また、働いていないお母さんでも、子供を長時間預けることができます。これは幼稚園との大きな違いではないでしょうか。
いいことばかりに思える認定こども園ですが、何か問題点はあるのでしょうか?

施設の数が少ない

国の制度の改革で、認定こども園に移行する保育園や幼稚園は増えると見られていましたが、実際にはそこまで進んでいません。
保育園の待機児童の解消に期待されたのですが、解消に至るほど施設が増えていないのが現状です。

書類などの手続きや処理が大変

あまり施設が増えない理由としては、事務的な仕事の量が増えるからだとも言われています。
その分職員の数が増えますが、人件費は限られているのでなかなか難しいようです。

保育料が高い

認定こども園は、幼稚園や保育園に比べて保育料が高いことが多いです。なぜ高くなってしまうのでしょうか。
認定こども園に移行するには、園舎の整備や職員の増員などさまざまなお金がかかります。これらのお金は、事業者が負担するために、その分保育料が高くなってしまうのですね。

保護者の間でギクシャクしやすい

保育園部に入れている子供の親と、幼稚園部に入れている子供の親はうまくいかないことがあります。
保育園部と幼稚園部に分かれているとはいえ、園の役員や行事の手伝いは平等にあります。
でも、保育園部のお母さんはフルタイムで働いて子供を遅くまで預けていることも多いので、なかなか参加できませんね。
その結果、幼稚園部のお母さんが優先的に出るようになり、不満が生じるということです。

まとめ

保育園と幼稚園のいいとこ取りのように見える認定こども園ですが、まだまだ問題点も多いですね。でも保育園に入れない待機児童がいる家庭にとっては、とても魅力的です。
各家庭の状況によって、どういう形態の園がいいのか決めてくださいね。

-転職ノウハウ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

保育士が幼稚園教諭に転職する方法

保育士が幼稚園教諭に転職する方法

保育士が幼稚園教諭に転職するにはいくつかのことをクリアしなくてはなりません。 まず、保育士と幼稚園教諭は管轄するところが違います。保育士は厚生労働省ですが、幼稚園は文部科学省となっています。そのため意 …

幼保一体化で改善される事と懸念される事

幼保一体化で改善される事と懸念される事

近年、幼保一体化が進んでいますね。これは幼稚園と保育園を一体化させようというものです。それにより、保護者が働きやすくなることが期待されています。 働きたいと思っている保護者にとってはいい政策かもしれま …

保育園ではなくレジャー施設の託児所へ転職する保育士が急増する理由

保育園ではなくレジャー施設の託児所へ転職する保育士が急増する理由

ショッピングモールやイベント会場などで、託児所が設置している光景をよく見るようになって来ました。 そういった託児所で働いているのは、保育士であることが多いです。求人を見ても、保育士資格を有する人という …

保育士が正社員より派遣として働いた方が良い理由

保育士が正社員より派遣として働いた方が良い理由

保育士として働くには、保育園に直接雇ってもらう他に、派遣会社に登録して働くという方法もあります。保育園で働くことは同じですが、所属先が違うということですね。 派遣会社を通して働くと、何かメリットがある …

保育士として転職する前にまずは説明会に参加しよう

保育士として転職する前にまずは説明会に参加しよう

異なった業種で働いて保育関係に興味を持ったときは、まず保育士の資格を取得します。 保育士は国家資格のため、資格がなければ働くことができません。資格は科目数が多く、年に1回の受験となっており合格率も低め …