認定こども園が直面した問題点と課題

認定こども園が直面した問題点と課題

認定こども園が、少しずつ増えてきました。まだ日が浅いので、認定こども園ってどんなところなの?と疑問に思う人もいますね。
認定こども園とは、保育園と幼稚園の機能を併せ持った園です。
保育園だけど幼児教育を受けられるし、幼稚園だけど長時間子供を預かってもらえます。特に働くお母さんには嬉しい園ではないでしょうか。
また、働いていないお母さんでも、子供を長時間預けることができます。これは幼稚園との大きな違いではないでしょうか。
いいことばかりに思える認定こども園ですが、何か問題点はあるのでしょうか?

施設の数が少ない

国の制度の改革で、認定こども園に移行する保育園や幼稚園は増えると見られていましたが、実際にはそこまで進んでいません。
保育園の待機児童の解消に期待されたのですが、解消に至るほど施設が増えていないのが現状です。

書類などの手続きや処理が大変

あまり施設が増えない理由としては、事務的な仕事の量が増えるからだとも言われています。
その分職員の数が増えますが、人件費は限られているのでなかなか難しいようです。

保育料が高い

認定こども園は、幼稚園や保育園に比べて保育料が高いことが多いです。なぜ高くなってしまうのでしょうか。
認定こども園に移行するには、園舎の整備や職員の増員などさまざまなお金がかかります。これらのお金は、事業者が負担するために、その分保育料が高くなってしまうのですね。

保護者の間でギクシャクしやすい

保育園部に入れている子供の親と、幼稚園部に入れている子供の親はうまくいかないことがあります。
保育園部と幼稚園部に分かれているとはいえ、園の役員や行事の手伝いは平等にあります。
でも、保育園部のお母さんはフルタイムで働いて子供を遅くまで預けていることも多いので、なかなか参加できませんね。
その結果、幼稚園部のお母さんが優先的に出るようになり、不満が生じるということです。

まとめ

保育園と幼稚園のいいとこ取りのように見える認定こども園ですが、まだまだ問題点も多いですね。でも保育園に入れない待機児童がいる家庭にとっては、とても魅力的です。
各家庭の状況によって、どういう形態の園がいいのか決めてくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です