保育士として転職する前にまずは説明会に参加しよう

保育士として転職する前にまずは説明会に参加しよう

異なった業種で働いて保育関係に興味を持ったときは、まず保育士の資格を取得します。

保育士は国家資格のため、資格がなければ働くことができません。資格は科目数が多く、年に1回の受験となっており合格率も低めとなっています。

ですが、合格した科目は3年間は有効になりますので、3年のうちに残りの科目を合格すると保育士の資格を得ることができます。

保育士として働くには実習や経験も重要

保育士養成学校に入学した場合は、保育園や幼稚園にて実習があり、実際に子どもと触れ合い自分の知識を高めることができます。

ですが、そういった学校に入学せず資格のみ取得した場合はそのような機会がありません。

そのため、保育園側としても経験がない保育士を雇用するとなると躊躇してしまうことがあり、資格があってもなかなか就職できないことがあります。

説明会で実習と同等の経験を得る

こういったことを防ぐためにも、保育士として転職する前には説明会に参加することが良いでしょう。仕事内容に関して理解することができますし、どういった勤務なのかも知ることができます。

保育士は子どもと遊ぶだけが仕事ではありません。家庭に代わり子どものしつけを行ったり、他の子どもたちとの触れ合いの場を提供したりもします。

子どもと触れ合うだけでなく、親とも積極的にかかわり、親の悩みを聞くのも仕事の一つですし、書類作成、健康管理など仕事は多岐にわたります。

コミュニケーション能力があることはもちろんのこと、仕事をてきぱきとこなし、子どもとも遊べるということが必要となってくるので、説明会に参加しより理解を深めることが必要です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です